ご挨拶

ゑびす足袋 ブログの投稿をご覧いただいております皆さま、お取引先様、弊社の足袋をご愛用いただいておりますお客様へ。

今年もゑびす足袋をお引き立て頂き誠にありがとうございました。心より感謝申し上げます。

来る年、ゑびす足袋の始動は1月5日(金)からとなります。

それではあと少しの2017年を満喫しながらお過ごしいただき、2018年よきお年をお迎え下さいませ。

来る年も変わらぬお引き立てを何卒よろしくお願い申し上げます。

ゑびす足袋本舗 エビス株式会社 白記 澄子

“ 年末年始 営業日時のお知らせ ”

12月28日(木)15時まで営業

(15時以降でないと来れないお客様は、事前にご連絡ください)

12月29日(金)、30日(土)、31日(日)、 1月1日(月)、2日(火)、3日(水)、4日(木) は、お休みをいただきます。

1月5日(金)より通常営業 となります。

ミズノさんの「陸王」

ミズノさんが、ドラマ「陸王」のマラソン足袋の作り方をアップされていたのでワクワクしながら拝見しました。

https://www.fashionsnap.com/inside/rikuou-mizuno/

手の上で自立しているマラソン足袋のシルエットがとても綺麗だな〜と思っていましたが、足袋型ではあるけれど、足袋の作り方ではなく、靴の作り方だったんだ〜となるほど納得。

今日はお蕎麦屋さんです

アンテナショップから徒歩1分の場所に、

美味しいお蕎麦やさんがありまして、

今日は寒かったので、温かいお蕎麦を頂きました。

写真は『湯葉とじ蕎麦』です。

日中か、夕方お店にいらっしゃった方には、おススメさせていただいているお店です。

足袋を見るついでに、お腹も温かくしてお帰りください。

今年は冬将軍だけでなく、6年ぶりに「ラニーニャ現象」が発生!!!

寒くなりましたね!
日本気象協会によると、今年は冬将軍だけでなく、6年ぶりに「ラニーニャ現象」が発生したんだそうです。
どうなるのかというと、特に東日本から西日本に寒気が流れ込みやすい傾向があるんだそうです。
ゑびす足袋では、昔からご愛用いただいております冬用としてネルのキャラコ足袋・ネルの朱子足袋・別珍足袋・ネルのお仕事用足袋がございます。
その他に新しい商品として、
履くだけで汗を吸い取り利用し4℃発熱するあったか生地でつくった『ふわモコキャラコ足袋』『ふわモコレース足袋』、


防風効果抜群の、革に見える生地・内生地は最高級ネルでつくった、ワンランク上の大人のお洒落足袋としてつくった『革?足袋』がございます。

クリスマスプレゼントに!
『お正月迎えのおしたく』としてご準備くださいませ。
(明日12月13日から「お正月ことはじめ」です)


http://www.ebisutabi.co.jp/?mode=grp&gid=1086029
———————————————————————-
私たち日本人は、年2回ご先祖様をお迎えしています。
1回は仏教と結びついているお盆、もう1回は神道と結びついているお正月です。
ご先祖様を迎えるというのは、新しい年神様をお迎えするということ。年末は年神様をお迎えするための準備をする時期です。昔は12月13日から「お正月ことはじめ」といい、お正月の準備を始めていました。しかし最近はその前にクリスマスという大きなイベントがあるので、26日からが本格的な新年の準備期間になっています。
新年を迎えるときに新しい足袋をそろえる風習は昔からあります。やはりピンっとした新しいは気持ちのよいもの。古いものは処分をして気持ちを新たにしてくれます。
ささやかな日本の風習ですが、やはり気持ちがシャンと引き締まり気分の良いものです。

今日のドラマ『陸王』を観て

足袋屋としてはドラマ「陸王」が気になるわけで、
フィクションなところはあるけれど、
今日の陸王では、本気で泣いちゃいました。
「しぶといだけがうちの取り柄。
これが守り続けてきた品質、プライドです。」
号泣 (T-T)
ゑびす足袋は、157年目。
弊社はスニーカーではありませんが、前向きにチャレンジし、お客様に喜んでいただける商品の提供を続けていきたいと思っております。
どんなに頑張っても、いい商品を作っても、普段から履いていただけなければ会社を存続させることが出来ません。
存続させるためにも、努力し、頑張っておりますので、今後とも末永いお付き合いの程、どうぞよろしくお願い致します。

鬼瓦の帯留め

日毎日毎に寒くなっていきますね!

体調を崩されていませんか?

今日は、足袋じゃないモノをご紹介させてください。

ある日、あるギャラリーを覗くと、鬼瓦作家さんの個展でした。

屋根に置く鬼瓦もあれば、壁掛けとして作られているモノもあり、スティックインセンス立てもありました。

これは!!!

帯留めにすると絶対にかわいい💕と思い、特別に作っていただきました。

超ミニチュア鬼瓦が、ちょっと厳つくて、かわいくて (#^.^#)

鬼瓦は、日本の伝統であり、魔よけと言われています。

魔よけとして、お守りとして、いかがでしょうか?

限定5点。すべて手作りの一点モノです。

http://www.ebisutabi.co.jp/?mode=cate&cbid=2362100&csid=0

銀座の「きもの」市 in 松屋銀座

銀座の「きもの」市

2017年10月18日(水)〜   10月24日(火)8階
<初日12:00開場、最終日17:00閉場>
両足の素足を測定し、足型が豊富な既製品から、疲れにくく足が細くきれいに見える足袋をお見立てさせていただきます。
既製品で合わない場合は、部分調整のイージーオーダーも承ります。

 

お持ちする足袋は、ふわモコキャラコ』 『ふわモコレース』『革?足袋』『はすのは(超撥水カバー足袋)口ゴム』『はすのは(超撥水カバー足袋)5枚コハゼ・予約受付ふじ』『うめ』『もも・冬用』『うめ・冬用』『えびね・別珍足袋』『あやめ(お子様用足袋)』『かんな(お子様用足袋)』『こたび』『くるたび』『ばら』『らん(カバー足袋)』『タビッパ

超防水カバー足袋ができました!

新商品ができました!
超防水カバー足袋。
名前は『はすのは』です。

 

 

 

 

 

口ゴムタイプ5枚コハゼ2種類で展開致します。

透湿防水ウレタンフィルムをナイロンとポリエステルで挟んだ三重構造の特殊な生地を使用した、雨の日用・透湿防水の一重足袋・口ゴムタイプ伸縮型

特殊ポリウレタン層により作られ、雨・風の侵入をシャットアウトし、またストレッチ性を持つ履きやすい素材の透湿防水に優れた、雨の日用足袋カバーです。

 

 

 

 

 

 

 

きものサローネでは、口ゴムタイプの各サイズ10足ずつだけ間に合いました。
コハゼタイプは、ご予約を承ります。

霧吹きもご用意致しますので、水弾きを試しに “ 124ブース ” へお越しくださいませ。

オンラインショップでも、ご予約して頂けるよう商品を入れております。期間中にご注文いただけますときものサローネ会期中(10/6〜10/8)は、送料無料となっておりますので、ぜひ、この機会にお試しくださいませ。
http://www.ebisutabi.co.jp/?mode=cate&cbid=1908303&csid=0

楽天市場店もございます。
https://www.rakuten.co.jp/ebisutabi/

#きものサローネ

ゑびす足袋のこだわり その1

掛け糸が『弓なり』

掛け糸(コハゼを掛ける2本の糸)は、一般的には縦にまっすぐ縫い付けてありますが、ゑびす足袋の掛け糸は写真の通り『弓なり』にかけております。
掛け糸を『弓なり』に縫う事で、足袋を履いた時の足首にきれいな形で添うようにフィットするように作られています。足首の布の余りとでももうしましょうか?タプタプの遊びを少なくすることで、ピタッとアキレス腱に沿い、くるぶし近辺のシワを防ぎ、後ろ姿の美しさを引き出すことができるようになっております。

また、コハゼを外れにくくする工夫でもあります。

これは、熟練の技術を要し、尚且つ生産性と効率が非常に落ちますが、履いた時の美しさと、履きごこちにこだわった証です。(全ての製品が対象ではありません)